花粉症を予防する乳酸菌の種類

近年では乳酸菌の持っている力が、花粉症の予防効果があるということがわかってきています。

 

乳酸菌は免疫力を高める力があって、免疫細胞を整えることができるので花粉症をはじめとするアレルギーを予防して症状を抑えることができると考えられています。

 

乳酸菌の種類自体は膨大に存在していますが、花粉症について効果があると言えるものは限られています。

 

花粉症の予防に効果があるのではないかと期待されている乳酸菌の種類には、フェカリス菌やKW乳酸菌、L-92乳酸菌などとなります。

 

これらの種類の成分を効率良い形で摂取するためには、サプリメントやヨーグルト、飲料などにおいて成分に含まれているかをしっかりとチェックしてから摂取することになります。

 

花粉を異物と認識することで攻撃をしてしまう免疫細胞であるヘルパーT細胞のTh2というものがあるわけですが、これらに含まれている乳酸菌はその細胞の効果を抑制することが可能で、Th1細胞を増殖させることで免疫細胞のバランス調整ができると言われています。

 

この効果によって鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどの症状について引き起こす原因とされる化学物質の増加を防ぐことが可能となるために、花粉症の症状を緩和させることができます。

 

フェカリス菌はサプリメントや少量の乳製品に対して多くの量を添加することが可能なものとなっていますので、より多くのフェカリス菌を体内に取り込むことができれば、体外要因において負けない健康的な身体を作ることを手助けしてくれると考えられています。詳しくは花粉症乳酸菌効果.comへ